ebay

<ebay>めちゃくちゃ安いアメリカ宛の送料は危険

今日のテーマは、
『めちゃくちゃ安いアメリカ宛の送料は危険』
ということで、

海外輸出の話です!

ライバルセラーや売れてる商品を
リサーチしてると、

"なんで、この値段で売れるの?
送料どうしてるの?"

という商品がありませんか??

特にアメリカなど日本郵便で
eパケットなど安くは送れなく
なった国に対してなどです。

特にFedExやDHLなどの
クーリエを使わないと
いけなくなってからは

"本当にどうやって送ってるの?"

みたいなのをたまに見かけます。

さて、その答えは2つほど
ありますが、

まず一つ目が、

還付金で利益を出してるか
評価を稼ぐためです。

そして、二つ目が今回の論点の
"安い送料で送っている"

最初に言っておくとかなり危険な方法
ですので真似はお勧めしません。

実は、送れなくなった今でも
いくつか安くアメリカなどの
国に送る方法があるんです。

まずは、
"書留を付けない方法で小型包装物"

今でも書留無しでしたら送れます。
ただ、書留無しは本当怖いです。

ちゃんとお客さん宅に届いてても
届いてないって言われたら
返金しなくてはいけなくなります。

なので、悪い人に当たれば、
そういう危険性があります。

次に、
"定形外で書留ありで送る"

この場合、書留がつくので
紛失リスクは少なくなります。

が、本当はこれ今は
商品販売の発送には使えないんです。

アメリカ宛には、日本郵便の規約で
商品の発送には、手書きの伝票は
使えなくなりました。

電子データを発行する際、
そのデータが、

ただ、電子伝票の
国際郵便マイページでも
ヒロゲテなどの伝票発行ツールでも
定形外郵便の選択発行に対応してません。

ただ、これには抜け道があって
"贈り物"としてなら送れるんです。

でも、これは脱税になりますし、
明らかなルール違反です。

なので、この方法は
ほぼブラックです。

こういうのは、度々
出てきますが

ここに頼ってやってしまうと
バレてアカウント自体が
ダメになったなど考えると
やめておきましょう。

そうじゃなく、
人と差別化測れるような商品を
ちゃんとリサーチしていけば、
送料も取ってもしっかり売れていきます。

売れる1ジャンルでも見つければ、
ちゃんとそれだけで毎月10万は
稼げます。

まとめると、アメリカに
安くは送れるが、真似しないように
しましょう!

LINE限定で講義を不定期で行っていきます!
よろしければ下記LINEにご登録を^^

https://lin.ee/dEDvmqR

-ebay

© 2023 ぶっサス 物販サステナブルLAB. Powered by AFFINGER5